PUNKS JUMP UP ON VICE MAGAZINE INTERVIEW


*Are you into fashion to begin with, and if so, whos'the bigger
fashionplate among you two?

We're both into looking good and stylish. Not necessarily following a
certain fashion. We're more into breaking it up, mixing styles that
"wouldn't work"...

*Who are your favourite designers and why? Same goes for brands...

Not too good remembering designers & brand names, but we like Whyred
cause they're good at keeping old classic styles up to date, they're
both very cool guys too! Julian Red for the super hot jeans and
generally great gear and great taste in music. Kling for the colours
and anarchic approach! This guy in Amsterdam called Neonrider is
making really good customized T shirts and Queens Of Sounds for their
colourful scarves, t shirts and Gucci like branding.

*How full is your closet? Do you give stuff away?

Quality not quantity darling.... We give away the odd Cassette Records promo T.

*How much money are you willing to put down for gear?

David: Not too much, I just spill wine or ketchup on my clothes anyway...

Joe: ...but sometimes you just gotta have them sneakers....

*What's a good accessory for a guy to have? Same goes for girls...

For guys: Colourful scarves... not al a Russel Brand though, but
massive scarves with nice tacky colours! Made patterned neon colour caps!

*If your music were an item of clothing, what would it be?

Mick Jones' red boiler suit in -82 and Kool Keith's ski goggles. Imagine that sound!

* Here's a tricky one: is your music fashionable? If so, what will you do when that's no longer the case?

Please define fashionable. If fashionable in this case means upfront and up to date then we try to make music that will always be fashionable! BUT there's nothing wrong with doing something that's so completely NOW that it'll be hopelessly THEN in 3 weeks either. You just bring your tune to the party and there'll always be another party around the corner. As long as your honest about what you do and believe in it (here's where the strings come in...)

*Neon and glowsticks in 2007, yes or no (and why)?

Yes, as much as in 1989, -97, -84 & 2000. Because it looks good. Feel the rush!!!

*What do you think of people who customize their gear?

More power to em. It'd be like asking a hip hop artist in -82 about
sampling someone else's music. Just be creative and innovative and
you'll be cool.

* What type of scene did you belong to in school and what did you look
like in terms of hair, clothes, shoes, accessories...

David: I belonged to the one man punk rock scene in my school,
wearing all the classic punk stuff. I bought safety pins by the
pound! Got a bit lonesome some times. But you gots to persevere...
Before that I was the first one with a W.A.S.P. back patch... It made
the headmaster call out for a parental meeting discussing the evils
in this world...

Joe: unfortunately my scene did not belong in school,spent our
time in record shops, and down covent garden checking out the latest
dance moves ...our homework was doing new mix tapes dubbing from 2
cassette decks.. wearing, colourful laces ,ski jackets and hats, and
hand customized goggles that we stole from science class!

JAPANESE

*お二人はファションつながりから始まったってことですが、もしそうなら、2人の間
では大きな存在となるファションプレート(最新流行の服を着た人)は誰ですか?

僕達は双方いつもかっこよくってスタイリッシュなものを探してるよ。決められてる
ファションについていく必要はないね。僕達はもっと崩して、’仕事にならない’ス
タイルを混ぜたりしてるよ。

*お気に入りのデザイナーは誰でそしてなぜ好きなの? またブランドとかも。

あんまりよくデザイナーやブランド名は覚えてないんだけれど、Whyred
が好きだね。彼らは古いクラシックなものを今風にし続けているからいいね。彼らは
双方かっこいいやつだね。Julian Red (ジュリアンレッド)のすごくかっこいいジー
ンズ、たいていのアイテムも素晴らしいし、音楽の趣味も素晴らしいね。Klingの色
使いやアノラックなんかも近いね。Neonrider(ネオンライダー)と呼ばれるアムス
テルダムのやつはカスタマイズされたTシャツを作るね。そしてQueens Of Sounds
(クィーンズオブサウンズ)のカラフルなスカーフやTシャツやグッチようなブラン
ドもいいね。

*クローゼットの中とかどうなってる?捨てたりする?

品質は数じゃないね、君。僕達は妙なカセットレコーズのプロモTは捨てるね。

*どれくらいの金額を喜んで服装につぎ込むの?

David: そんな沢山ではないね。ワインやケチャップをただこぼすくらいさっ。

ときどきスニーカーにもやるんだよな。

*アクセサリーについてはどうなの?女の子用?

2人 : カラフルスカーフ。Russel Brand (ラッセル ブランド)ようなやつじゃ
なくって、すごいかっこいい色のりりしいスカーフ。ネオンカラーの模様でできた帽
子もね。

*もしお二人の音楽を洋服のアイテムにしたらどんな感じになるの?

Mick Jones' (ミックジョーンズ)の82年の赤の作業着、Kool Keith's (クール
キース)のスキーゴーグル。

*ややこしい人がここに : お二人の音楽はファショナブルなの?もしそうじゃんく
なったらどうするの?

もしこの場合のファショナブルの意味が率直でその時に更新されるのであれば、
ファショナルブを明確にしてほしいな。
僕達はいつもファショナブルな音楽を作ろうとしいるよ。しかし、3週間もたたない
うちの望みのない時、完全に今、何かしようとすることは間違えじゃないんだよ。あ
なたがただパーティに持ってくる音、それはしっこで違うパーティになってしまうだ
ろうね。同じく正直に言えば、あなたがなしをして何を信じるかさっ。(紐がくる場
所はここにさ)

*2007年、ネオンとグロースティック(光る棒) は流行る、流行らない?(またなぜ
?)

もちろん流行るよ!1989, -97, -84 & 2000年と同じくらね。だってかっこいいじゃ
ん。突進する感じだよ。

*カスタマイズされた服装をする人達をどう思う?

より力ら強いね。誰かのほかの音楽をサンプリングした82年のヒップホップアーチス
トに聞きたいね。
ただ創作的で、創造的になるねそしてあなたをかっこよくさせるだろうね。

*学生時代に所属していたタイプのシーンは何?そして、どんな髪型、服装、靴、アク
セサリーをしていたの?

David : 僕の学生時代はパンクロックシーンにいたね、すべてクラシックパンクの
格好をしてたよ。
ポンドで安全ピンを買ってたよ。ときどきちょとした孤独感があったね。しかし辛抱
強さを得るよ。
W.A.S.P. back patchを初めてつける前は、この世界で最悪の親の会合に校長から呼
び出されたね。

Joe : 残念ながら、僕は学生時代のシーンはなくってね。ずっとレコード店です
ごしてたよ。コベントガーデンあたりで流行のダンスものをチェックしてたね。僕達
は化学の授業を抜け出して、僕達の宿題は2台のカセットディスク、カラフルなレー
ス、スキージャケットに帽子そしてそれにあったゴーグルでで新しいダブミックス
テープを作ることだったよ。